• HOME
  • オークスタイルとは

オークスタイルとは

自然志向のあなたに新しいライフスタイルのご提案
心も体も健康に、潤いのある生活「オークスタイル」

木のぬくもりに包まれる、温かな日常。

無垢材の魅力はなんといっても「美しさ」と「やすらぎ」です。まるで森の中に居るようなおだやかな空気で満ちた家には、自然と家族を笑顔にする力があります。
冬でも素足で歩ける、何とも言えない温かさ、やわらかさ。木の断熱性はコンクリートの約12倍で、屋外の温度に影響されにくいのが特徴です。
さらに安心感や癒しを感じる木の感触こそが集成材や合板にはない無垢材だけの魅力です。

省エネについて詳しく見る

人にも地球にも優しい無垢素材。

シックハウスの原因となるホルムアルデヒドを全く含まない「無垢材」は、住む人の健康を考える上で非常に魅力的な建材です。
また、無垢材が持つ調湿作用がカビ菌の繁殖を抑制し、アトピー・ぜんそくを緩和させる効果もあります。
「調湿効果のある壁紙」や「冬でも裸足でいられる床材」など、天然建材は自然の力で私たちの健康と笑顔を守ってくれます。

健康ついて詳しく見る

100年住み継ぐ頑強構造。

木造住宅の長持ちの秘訣は「木材の乾燥」にあります。昔の木造建築は、何年も掛けて乾かした木材で棟上げし、さらに一年ほど自然にさらして乾燥させました。
JASの乾燥材規格は含水率18~20%ですが、夢仕様は構造材は全て15%以下。
冷暖房など過酷な室内でも、「くるい」や「すきま」がほとんど生じません。

耐震ついて詳しく見る

匠の技、徹底した「木遣い」。

木を正しく使う事を「木遣い」といいます。日本の大工はこれを1400年以上も前から知っていました。
一本一本、それぞれの木の性質を見極めて、「適材適所」に使う知識と経験があるかないか。それが美しく、長持ちする家づくりを左右するのです。
歴史をそのまま引き継ぐのではなく、現代の住み方も考慮し、それに見合った技術や工法・意匠へと進化させています。

自然の物を使い、できるだけ長く使い続ける。

寺院や神社など日本の歴史的建造物の多くは木材でできています。実は良い木材を使って建てた建造物は、鉄筋コンクリートよりもずっと長持ちするのです。「自然の物を使い、できるだけ長く使い続ける」というあたりまえの考えを大切に、私たちは家づくりを続けています。

耐久ついて詳しく見る

株式会社大樹不動産販売オークハウス事業部

人と住まいを笑顔で“結ぶ”お手伝い。

mail:お問い合わせ

TEL:0243-23-3140

家づくりに役立つ
小冊子プレゼント

来て、見て、さわって、くらべて
住宅見学会お申込み